猫でも年を取ると食べ物の好みが変わる話

スナックまるへようこそ~~~~(m- -)m
残念ながら、ワタシは先月死んじゃいましたが、幽霊まるがご案内致しますのニャ〜〜〜~(=^- -^)

年を取って食べ物の好みが変わったのニャ

ワタシは小さい頃から、食べ物で文句を言わニャい良いニャンコだったの!
(出された物を完食しないと、次の食事が出てこなかっただけ…のような気もする)

人間の食べ物なんてほとんど食べさせてもらったことない。
大人になるまでに口にしたことのある人間の食べ物と言えば、海苔と鰹節くらい。
それも、ごくたまぁーに少しだけ。

マミたちがご飯食べてる時にテーブルに乗ったことないし、ご飯の残りに興味を持ったこともない。
だって、ワタシのご飯があるもの!

そんなワタシもだいぶ年を取って、食べ物の好みが変わってきた。
年を取って食べ物の好みが変わるのは何も人間だけじゃニャい、猫だって変わる。
マミが一番驚いてたのは牛乳への興味!

小さい時に何度も牛乳をくれたらしいけど、ワタシは全然飲まなかったんだって。
そんなのちっとも覚えてないけど、確かにワタシの飲み物はお水だけ。

でも、20才も過ぎたある日、マミが前日飲み過ぎて胃が痛いとかで、牛乳を温めてた。
そうしたら、何かHOTミルクの優しい匂いがホワァ〜ンとしてきたニャ♪

だから、ふだんあまりおねだりなんてしないワタシも思い切り、マミの足にまとわりついてニャンニャン騒いでみた!
「えー何?まる、どうしたの?まるは牛乳なんて嫌いでしょう???」

マミは、ワタシが何か勘違いしてると思って知らんぷりして自分だけ牛乳飲んでた。
それでも、ワタシはしつこく「牛乳飲みたぁーい!!!」とニャンニャン言い続けて、マミの足下をウロウロしたり、しまいにはマミのお膝へジャンプしておねだりしてみた。

マミはとってもビックリしてたけど「え〜?牛乳飲めるの〜?」とか言いながら、小さいお皿に少し牛乳を入れてくれたヾ(=゚・゚=)ノ

ほぼ生まれて初めての牛乳。
とっても美味しくて、お皿に入れてもらった分は一気に全部飲んじゃった。
マミはワタシの飲みっぷりを見て、もう少し足してくれたよ。
大さじ2杯分くらいしか飲んでないけどね…

それからは、マミが牛乳飲む時には少しもらえるようになった。
あと「牛乳が好きなら、ヨーグルトも好きかな?」って、ヨーグルトのフタを舐めさせてもらえるようになったよ!
こうして書いてみると、ちょっと貧乏くさいニャ…

人間の食べ物は絶対ダメ!って言われてきたけど、もう20才過ぎてるし少しくらいならいいよとか言われて、たまに食べられるものをもらえるよになったの。

まあ、そういう生活も一年ちょっとくらいだったけどね〜〜〜~(=^–^)

パピに猫の弱点あごを撫でられて至福のワタシ

パピに猫の弱点あごを撫でられて至福のワタシ




腎不全猫の点滴生活は、はっきり言って一進一退

腎不全の猫がいる家族は、毎日が一喜一憂wwww

腎不全になった本人が草生やしてる場合じゃないけどね(^^;

特に点滴生活に入った猫は、いつどうなるか分からないんだって。
だから、もう腎不全で毎日点滴になったら、余生スタート~(=^‥^)
一週間と持たない猫もいっぱいいるし、逆に点滴しながらでも1〜2年暮らしていける猫もざらにいるみたい。

「残りの人生、全てまるの為の恩返しだよ」とマミに言い聞かせてたパピのセリフは案外、的を射た発言だった訳なのニャ!
(ま、ワタシは猫だからニャン生だけどもww)

ワタシの場合は、腎不全が分かった時点で既に3日はオシッコ出てなかったし、その間ほぼ何も食べてない。
血液検査の結果は、BUN(尿素窒素)とIP(リン)が機械の上限ブッちぎってたし、CRE(クレアチニン)は人間なら透析コース。
※詳しくは『腎不全と分かるまでφ(゚-゚=)』を見て欲しいのニャ

だから、パピもマミも口には出さなくても、それこそ一分一秒を惜しんでワタシのそばにひっついてた
初日なんて、マミは何も手につかないと言って、一日中ベッドにいてワタシの隣りで漫画読んでたよorz

数日はそんな感じだった。
仕事もしないし、ご飯も作らずお弁当で済ませるくらい~(=^‥^A

一週間して経過を見るために血液検査した。
まだまだ普通に腎不全だけど、最初の時よりはマシになった。

検査項目 検査結果(今回) 検査結果(前回) 基準値
BUN(尿素窒素) 109.4 H 140.0 H < 17.6-32.8
CRE(クレアチニン) 4.8 H 11.8 H 0.8-1.8
IP(リン) 6.4 H 15.0 H < 2.6-6

ちなみに、血液検査し終わった時のセリフや感想が、先生とパピ、マミでそれぞれまるで違ってた。

先生は、結果を数字で見るのが怖かった。
パピは、思った程数字が改善してないと思った。
マミは、思ってたより数字が良くなってると思った。
…らしい。三者三様で面白い。

でも、うちのマミはダメね。
やれワタシが起きて爪研いだ、やれ伸びした、やれ机の周りをうろついた、やれ撫でたら返事したとかで大喜びする。
かと思えば、ご飯食べない、お水飲んでくれない、口きかない、元気がない…とうろたえる←馬鹿。

もうね、そりゃこういう病気だし、調子良いときもあれば、調子良くない時もあるよ。
歯肉炎で口の中気になるし、お水飲んでも歯茎しみるし。
しばらく食べてなかったから胃は小さくなってるし、出てくる食事は激マズだしね。
それでも、毎晩スナック「まる」は営業してます!!

だから、ワタシはこう言いたい!
腎不全の猫ちゃんのお父さん、お母さん。

腎不全猫の点滴生活は、はっきり言って一進一退
高齢(老猫)なら他にも何かあったりする訳で、なおさら!
ささいなことで一喜一憂しないで、ドォーンと構えてればいいと思う。
もちろん、やっぱり優しくされるのは嬉しいけど(=^・^=)

点滴の残りはちゃんと吸収されてるかな?
息苦しそうな様子はないかな? 肺に水が溜まったら大変だからね
気持ち悪そうだったり、吐いたりしてないかな?
ご飯は何をどれくらい食べてるかな?
お水は飲んでるかな?
オシッコは出てるかな? ウンチは?
ふだんと違う様子はないかな?
だって…ワタシの言葉はマミに通じないから。

そういうのをちゃんとチェックして、あとは時々かまって、ゆっくり&自由に休ませておけばいいと思う。
うちのマミは、そんな簡単なこともできないんです(=xェx=)

大病煩ってもなお、マミに気を遣わないと行けないから大変なのニャ…
スナック「まる」はマミをぐっすり眠らせる為に営業してるようなものだもんね〜
点滴生活を送る腎不全猫のまるですニャ