猫が腎不全になった時かかる費用はどこから捻出する?

スナックまるへようこそ~~~~(m–)m
残念ながら、ワタシは去年の10月に死んじゃいましたが、幽霊まるとなって更新してますのニャ〜〜〜~(=^–^)

突然「これから毎月20万円の治療費がかかります!」って言われても困るニャ

全国のワタシのお友だちニャンたち、こんにちは。
幽霊まるですニャ(=゚-゚)ノ♪

はじめてこのページへ来てくれた人も、今からもうお友だちニャの!!

ところで、皆のお父さん・お母さんはお金持ち?
うちは…お金ニャかった(=;ω;=)

でも、ワタシの様子が何かおかしいかな?って時は、ちゃんと病院に連れて行ってくれたよ。
動物病院は人間の病院と違うから、治療費が高いの。

だから、ワタシを病院へ連れて行く時には必ず1万円札を持っていったニャ…
パピとマミが一生懸命働いたお金なのに、万券をすーっと使ってしまうのは申し訳ニャい気持ちがしたニャ。

特に、腎不全と分かってからは大変だったの。
毎日タクシーに乗って動物病院へ行って、皮下点滴をしてもらって、またタクシーで帰ってた。

※『猫が腎不全で皮下点滴に通院すると費用はいくらくらいかかる?』で、ワタシが腎不全になってからかかった全費用を公開してるよ。

はじめは一回の治療(点滴こみ)で3675円。
これに往復のタクシー代1600円。
合わせて、毎日5000円以上ものお金がかかったの!

高い(><)
でも、パピとマミは一日も欠かさず、点滴に連れて行ってくれた。

途中から、先生が治療代を500円オマケしてくれたニャ♪
500円でも一ヶ月なら、15000円も節約できるから、とっても助かったニャ。

けど…5000円を30日で一ヶ月で15万円。
時々検査があるから、結局一ヶ月で20万くらいかかったの。

先生が好意で治療費をオマケしてくれて助かったけど、
20万から15000円だけ減っても、大変なことには変わりニャい(´-ω-`)

婆ちゃん(マミのお母さん)が前に飼ってた猫が腎不全になった時も、婆ちゃんのお給料が丸っとなくなったって言ってた。
婆ちゃんが外で働いてきた給料は、全部ニャンコの入院費なんかに持って行かれたって。

そう考えると入院しても、通院しても、腎不全猫の治療にお金がいっぱいかかるのは同じニャ…
月に20万とかの大金、一体どこから捻出すればいいニャ?

婆ちゃんは、婆ちゃんの親がお金持ちで貯金があったから、大丈夫だったの。

婆ちゃんにはお金持ちの親がいたけど、うちは…
パピとマミには残念ながら、お金持ちの親はいない。

むしろ、ちょうどお金がなくて大変な時期だった。
それでも、手元にあった現金でワタシの病院代なんかは払ってくれた。

けど、動物病院への通院はいつまで続くか分からないから、パピは外へ働きに出ることにしたの。

それまでは自宅でのんびりお仕事してたけど、収入も不安定だし、
腎不全の通院が数ヶ月続くのか、一年以上続くのか分からないもんね。

パピとマミはワタシが良くなるって信じてたから、
二年とか通院したら…20万×24ヶ月=500万近くかかる!!って大あわてだった。

マミとパピは急に節約モードになった。
それで、このスナックまるを開店して、二人は家飲みするようになったんだニャ!!

結局、パピが通勤する直前にワタシじゃ死んじゃった。
ワタシが死んだ翌週から、パピは出勤し始めた(笑)

ふつうにお勤めしてるお父さん・お母さんならお給料は決まってるし、
猫が腎不全になったからって、突然「これから毎月20万円の治療費がかかります!」って言われても困るよね。
お金持ちのお父さん・お母さんならいいけど。

腎不全になってから慌てても遅いのニャ!
それに、猫の多くは年を取ったら腎不全になるの…
猫と腎不全は切っても切り離せないのニャ。

腎不全になって通院するようになってからじゃ遅いニャ。
早め、早めで保険に入っておく方がオススメなの。

16歳まで入れるペット保険があるの!!
知った時がチャンスだって、婆ちゃんも言ってたニャ。

▼10秒で無料カンタン見積もり(個人情報の入力なし)

お金がないから病院へ点滴に連れて行かれない!!
なんてことになったら、悔やんでも悔やみきれないの。
ペッツベストの保険に入ってれば、病院でかかった医療費の80%が還ってくるんだって(細かいことはペッツベストのページで確認してね)。

婆ちゃんはお金持ちの子だからいいけど…
マミも保険に入ってればね…

大好きなパピに自ら抱きつくワタシ(=´∇`=)

大好きなパピに自ら抱きつくワタシ(=´∇`=)

当時すでに10歳を越えてたけど、元気いっぱいだったニャ♪




猫が腎不全で皮下点滴に通院すると費用はいくらくらいかかる?

スナックまるへようこそ~~~~(m–)m
残念ながら、ワタシは先月死んじゃいましたが、幽霊まるとなって更新してますのニャ〜〜〜~(=^–^)

猫の腎不全で皮下点滴に通院してかかった費用を公開!

ワタシが腎不全になってから、かかった費用をまとめてみたのニャ!
大きなのは毎日の皮下点滴代含む病院代、あとは往復のタクシー代。

パピとマミも自転車や歩きにして安く頑張ろうとしたけど、ワタシの体調が悪いときはやっぱりタクシー。

日にち 病院代(円)
一件目の病院(診療代、検査費用含む) 15,750
一件目の病院(フェロビタⅡ購入) 2,500
以下、二件目の病院 09/15 13,440
9/16 4,032
9/17 3,675
9/18 3,854
9/19 5,009
9/20 3,885
9/21 13,710
9/22 3,675
9/23 3,675
9/24 3,675
9/25 3,945
9/26 3,675
9/27 3,675
9/28 3,675
9/29 12,390
9/30 3,150
9月計 107,390
10/1 3,150
10/2 3,675
10/3 3,150
10/4 3,150
10/5 3,150
10/6 3,150
10/7 3,150
10/8 3,465
10/9 3,150
10/10 3,465
10/11 12,390
10/12 3,780
10/13 3,150
10/14 12,390
10/15 3,150
10/16 3,780
10/17 3,150
10/18 3,644
10/18 1,575
10/19 1,575
10/21 2,600
10月計 83,839
病院代の合計 191,229
タクシー代 60,800
その他(食べられそうな食材の購入など) 20,000
総額 272,029

そして、自転車で通院できたのは、結局ほんの2〜3回だけだったの。

タクシー代は、領収書を全部書き出すのが面倒だし、ほとんど同じ料金だったからおよその金額なのニャ。
片道800円の行きと帰りで1,600円として、通院回数をかけた。

ワタシが腎不全になって、パピとマミは飲みに出かけるのをやめたの。
節約の意味もあるし、ワタシが心配だからってのもあるし。

そして、いつまで点滴通院が続くか分からないから、治療代を確保するためにすごく節約してた。
パピは家でもビールが飲めなくなった。
スーパーの一番安いビールのような飲み物に格下げしてた。
マミもお気に入りのお酒をやめて、ネットで配達してくれる送料込みでも格安の焼酎を注文してた。

点滴代が2,500円と診察料が500円、これにタクシー代がかかる。
ワタシの場合一日約5,000円は最低でも出て行くの。
それ以外にも、時々血液検査もあるし、薬を処方されることもある。

マミは看護疲れで自炊できなくて、安いお弁当とか買って食べてた。

今までよりひと月15万以上は余分にかかると見てたみたい。
ワタシが良くなるまでそれがずっと続く。

数ヶ月なのか、1年なのか、それ以上なのか…

パピもマミも、最良のケースを望んでたから、これからは月に20万くらい余計に稼がないといけないね!って気合い入れてた。
二人とも在宅だったけど、パピは通勤するとお給料を増やしてもらえるので、会社へ通うことにした。

けど、結局パピが通勤し始めたのは、ワタシが死んだ翌週くらいらしい(^^;
だから、ワタシは寂しい思いをせずに済んじゃった(ω゚ェ^ω)♪

そうそう、10月から少し病院代が変わってるでしょ?
これはね、先生が毎日の点滴代をオマケしてくれたの。

通院が長くなりそうだからって。
皆、ワタシがきっと良くなるって信じてくれてたのニャ〜〜〜

もうちょっとBUNとかCREとかの数値が低い時に腎不全と分かっていれば、もっと長い通院生活が続いてたのかも知れニャい。

世の中には通院せずに、自宅で皮下点滴をして治療を続けてる猫ちゃんも結構いるんだって。
忙しくて時間が取れないとか、経済的な負担が大きいとか理由は色々みたいだけど、そういう猫ちゃんもいると聞いて驚いたの。

ちなみに、婆ちゃんが前に飼ってた猫も最期は入院したりして一ヶ月(?)で15万くらいかかったらしい。
婆ちゃんのお給料一ヶ月分吹っ飛んだって言ってたニャ。
もし通院だったら、タクシー代が別で往復5,000円はかかったって。

猫は人間と違って保険がきかないから、病院代はとっても高くなるのニャ〜〜〜~(=^–^)

魚眼レンズで撮ったみたいな写真ニャの!

魚眼レンズで撮ったみたいな写真ニャの!