仔猫の避妊手術が早すぎると体がかゆくなっちゃう?!

スナックまるへようこそ~~~~(m–)m
残念ながら、ワタシは先月死んじゃいましたが、幽霊まるとなって更新してますのニャ〜〜〜~(=^–^)

ワタシもずーっとお腹の毛がなかったけど、避妊手術が早すぎたからニャの?

ワタシが死んで、新しい猫(たち!)と家族になって、猫について新しく知ることがいっぱいあるみたい。
何てったって、ワタシが小さい時なんて本当にただ一緒に暮らすだけだったもの。

猫のことなんて何も知らずにワタシをもらってきたからね、マミは。
生後半年で避妊手術して、あとは小さい時に何度か予防注射?みたいなの行ったことあるだけ。

まがりなりにも猫についての知識を得だしたのは、ワタシが6〜7才の頃。
マミの仕事先のお局様に毎月貸してもらってた「猫の手帖休刊になってた雑誌「猫の手帖」」を読んでたくらい。
※いま調べたら、猫の手帖は2008年に休刊になってたのニャ〜

ワタシは風邪ひとつ引いたことのない健康優良猫だったのニャ( +・`ー・´)』でも書いた通り、ワタシは本当に病気らしい病気もせず、病院とは無縁な生活だったの。

いまパピとマミが新しく迎え入れた猫は何だかんだと毎週のように動物病院へ行ってるみたい。
それで、この前、雌猫がまだ小さいのに発情して、先生と避妊手術の相談をしたらしいニャ。

そうしたら、先生曰くあまり早い時期に避妊手術をすると、体にかゆみが出ることが多いみたい
パピが「かゆくなるのはお腹とかですか?」とか聞いたら、お腹のこともあるって。

それって…ちょっと…もしかしてワタシのお腹舐め舐めはそれが原因だったのかニャ〜???

手術した下腹部あたりをずっと舐めてたから、ワタシのお腹は毛が無い
毛無しのつるつるだったの。
もうずーっと毛無し、17〜18才くらいまでツルツルだったよ。

毛無しでつるつるのお腹だったのニャ

実は、毛無しでつるつるのお腹だったのニャ

お腹を舐めて毛がないからつるつるニャ

お腹を舐めて毛がないからつるつるニャ

けど、血が出るほどとかじゃなくて、すり切れてかさぶたっぽくなったのが一回あった程度かニャ?
それもマミたちが注意してみててくれたから、直ぐに治ったし。

最後の4〜5年だけ毛がふさふさになった。お婆ちゃんだから?

気付いたらお腹がふさふさになってたのニャ

気付いたらお腹がふさふさになってたのニャ

お腹の毛がふさふさになってからは、パピとマミはストレスだったのかなぁ?とか考えてたみたいだけど、舐めまくってたワタシにも分からニャいんだからね。
自分ではよく分からなかったけど、何かいつもお腹舐めちゃう。

のみもダニもいないキレイさにかけては120%の自信有りだったし、マミは毎日丁寧にブラシしてくれてたし、虫とかじゃないとは思う。
ストレスって言われても、ワタシはマミと一緒に10回以上の引越も経験してるし。
マミのいる所が自分の居場所、後半の人生はそこにパピが加わっただけ。

だから、もしかしたら先生の言うように、月齢6ヶ月で避妊手術したのが早すぎたのかもね…

マミはワタシのお腹のことで合点が行ったらしく、新しい猫がそういうかゆみに悩まされないよう、避妊手術はもう少し先に延ばすようにしたみたい。

パピが、人間でも皮膚の病気はすごく難しいって言ってたのニャ(パピは皮膚ヨワオ)。
出す薬は結局ステロイド系だって。
猫ならもっと難しいに決まってる!

パピが思うに、本来あるべきもの(卵巣?)が無くなるからファントムペインみたいなものかもね〜って。

どうニャのか生きてる間でも分からなかったことが死んでから分かるはずもニャ〜〜〜~(=^–^)




▼猫の療法食が豊富なネットショップ
▼クリックで応援お願いニャ~(=^‥^)
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す