マミも腎不全、ワタシも腎不全

大繁盛スナック「まる」へようこそ。
腎不全なんて大嫌い!! だから頑張って点滴通って少しでも良くなりたいアイドル猫のまるですニャ〜

子どもは親の悪いとこばかり似る

腎不全と分かった時のマミのショックったらない
ま、どこのお母さんやお父さんも大事にしてる猫が病気になったらショックだよね。

でも、ちょっと違った。
マミがベッドに来てお話してくれたの。

ママもね、腎不全やったんだって
慢性腎不全じゃなくて、急性腎不全。
腎盂腎炎というのも5回くらいやってて、腎不全の時はあと一時間遅ければ死んでたとすごく(マミの家族が)怒られたらしい。

もう次の検査でクレアチニンが○まで(細かい数字は忘れた)下がらなければ透析ってとこで、ギリギリ透析は勘弁してもらえたと言ってたよ。
だから、ワタシのクレアチニンの数値見てドキドキしたって。

最後に入院したのは、もう8年くらい前だって。
そう言えば、ずっと前に一ヶ月くらいマミがいなくてパピと二人でお留守番してたことあった。
最後の3回の入院は半年おき、1年ちょっとで三回腎盂腎炎やったんだって。

その後のマミは1年ほど寝たきりで、その次の1年はひと月ごとに寝たきりと少し起きれたりを繰り返してた。
けど、今はすっかり元気いっぱい!
マミも元気になるまで時間がかかったし、ワタシのことも「いくら時間がかかっても大丈夫だから一緒に頑張ろうね」って言ってくれてる。

「婆ちゃんが、子どもは親の悪いと子ばっかり似るって言ってたけど、本当だね」ってマミが言ってた。
ワタシは猫ですけど!?

「でも、もう20年も一緒に生活してるんだから、本当の親子よりそっくりだよ」
いや、だから…ワタシは猫ですけど!? ま、いいや~(=^–^)

マミは、人間なら「お水飲んで!」「ご飯食べて!」と言えるけど、猫だから口で言っても分かってもらえないからね、とションボリしてた。
マミだって、ワタシの言ってること分からないんだからおあいこだ!

マミは腎臓悪くしてから頑張ってお水を飲むようにしたんだって
そう言えば朝起きたらコップ2杯、トイレに行くたびにコップ一杯、必ず飲んでた。
前は、珈琲でさえお酒なしじゃ飲まなかったのにね。
今はすっかり《お水教》の信者だもん!(笑)

だから、シリンジという武器が手に入った今、執拗にワタシにお水を飲ませてくるの(=xェx=)
どれだけ口からアンモニア臭がしたって、お水を飲ませて薄めてやる!!」って息巻いてるよ〜

でもね、昨日から無理矢理お水ばっかり飲まされてて、ひとつだけ良いことあったよ!!
さっき、マミがワタシのお腹をモフモフした時に「いい匂い❤(´ω`*)」って言ってくれたの
※ワタシの臭いについては『猫の匂い、腎不全の臭い』を見てね。

パピにも報告してた。
「まるのお腹のとこ、病気の前みたいなイイ匂いがするよ!」って。

そしたら、パピもきてモフモフ匂い嗅いできた。
けど、パピはマミと違って匂いフェチじゃないし、いつもワタシの匂いなんて嗅いでないから分からないって、残念。
どうせなら、パピにいい匂いって褒められたかった(´・ω・`)

今年はじめパピのお膝で撫で撫でされ至福のワタシとお腹のモフモフ

今年はじめパピのお膝で撫で撫でされ至福のワタシとお腹のモフモフ




腎不全の猫にお水を飲ませる方法

こんばんは!
スナック「まる」の幸運の招き猫まるですニャ(=^・ω・^=)v

ここ何日か私がお水も自分で飲まない、ご飯もほとんど食べないので、パピとマミは困ってる。
腎不全のせいかお口からアンモニア臭がするので、お水を飲ませたくて必死

今までは台所用品みたいなスポイトもどきで飲ませられてたけど、今日病院でシリンジというのを買ってきた。
注射の先っぽに針がついてないみたいなやつ。

腎不全の猫にお水を飲ませるには愛とこれ(シリンジ)

腎不全の猫にお水を飲ませるには愛とこれ(シリンジ)

てか、マミはワタシの点滴やお注射も見てられないのに、シリンジ触れるの?(≖ლ≖๑ )
マミは「先端恐怖症だから、針が無ければ大丈夫!」って言ってる。

確かに、変なスポイトもどきの時は先っぽが大きいからワタシの口も強引に大きく開けられて、すごく不快だったけど、シリンジなら何とかお水ゴクンできる!
口の端っことちょこっと引っ張るだけで、口の中にお水をチューって入れられちゃうからね。

ワタシがそれほど激しく嫌がらないので、マミは調子に乗って「シリンジでお水飲ませるの上手でしょ〜?」なんて言い出した。
そりゃゴクンできるようになったけど、まだまだ不快なことに変わりはないんですけど!?

でも、まあ、お水を飲むとちょっとだけでもアンモニア臭の気持ち悪いのも取れたような感じがしなくもない
ここ何日間かは、数滴レベルでしか飲んでなかったからニャ…

それにしても、シリンジ一本で1ml…少なっ(-ω-;)
と思ってたら、マミはこんな小さいシリンジで、何度も何度もちょこちょことお水を飲ませてきた。
半日の間に14回も飲まされた。

ご飯も食べられないのに、お水ばっかり飲ませられてもね。
無理矢理お水飲ませるのが可哀想みたいで(だったら、飲ませなければいいのに…)、お水の前は撫で撫でしたりチューしたりしてくる。

ワタシがベッドで寝てたら、パピが来て撫で撫でしてくれた。
パピは「今まですーすー言ってたのに、撫でたらゴロゴロ言ってくれてるよ!」と誇らしげ♪
そりゃ、ワタシはパピが大好きだもの、撫で撫でされたら嬉しくてゴロゴロ言っちゃう。

「よーし、じゃあお水飲んでみようか!」
( ̄ェ ̄;) エッ?

あげく「あぁやっぱりお水のませたら、ゴロゴロ言わなくなった」だって。
当たり前なのニャ、口の端から無理矢理お水注入されて嬉しい人なんていないよ。

マミに「そんな愛情を利用してお水飲ませるなんて!」と言われた時の、パピのセリフ!
愛は利用するものですよ( ̄∇ ̄)ニヤリ

腎不全の猫ちゃんがお水を飲まなくて困ってるお父さん、お母さん!
パピ曰く、愛は利用するものらしいので、愛情で釣ってシリンジで飲ませるといいですよ。

マミもこうやって騙されたのかしら?(´-ω-`)