良い子でお留守番できたニャ!!

いつもニコニコ明朗会計のスナック「まる」へようこそなのニャo(^・x・^)o

台風に翻弄されるワタシの点滴通院生活

台風のシーズンと共に始まった腎不全の点滴生活。
タクシーと人力車と飛脚の話』でも書いたけど、初日・2日目と台風が来ていて大雨&強風の中、通院生活がスタートしたの。

台風シーズンなこともあって、雨の日は結構多い。
そして今日(10/16)は久々の大型台風が関東にも接近するというので、パピとマミは通院の心配をしてた。

朝起きてみたら風はすごく強かったけど、雨は止んでた。
何とか病院に行かれるねと出発するもなかなか空車がつかまらない。

ようやくつかまえたタクシーの運転手さんによると、電車も止まっててタクシーも大繁盛でなかなかつかまらないくらいだって。
え、そんな大変な事になってるの?と驚きつつ、動物病院に到着。
ところが、何と!
病院のシャッターが閉まってる(-ω-;)ガーン!

マミがとりあえず電話してみようと正面に回ると、入口の所だけ空いてた(〃´o`)=3
でも、今日は先生が一人だけ。
看護婦さん達は電車通勤で足止めされてるらしい。

助手さんがいないので診察の準備やお会計まで全て先生が一人でやってた。
こんな台風の日でも先生がいて、ちゃんと病院を開けててくれて助かったのニャ!

腎不全の介護生活が始まってから初めてのお留守番

実は今日、パピとマミはお仕事の打合せでどうしても外せない打合せがあって、午後お出掛けをしたの。
それで婆ちゃんが、ワタシのお世話に来てくれて一緒にお留守番したよ。

マミは、婆ちゃんにお留守番してもらうのに調子が悪い時じゃなくて良かったと言ってた
昨日は腎不全になって以来はじめて、(一口とは言え)自分でお皿からご飯を食べたの!
今朝も、また爪研ぎもできるくらいには調子良かったし。

婆ちゃんは「超」が100個つくくらいのキレイ好きのお掃除&片付けマニアで、お留守番の最中もずっと洗濯や掃除なんかをしてくれてた。
お部屋がどんどんキレイになって気持ちいいから、ワタシもベッドじゃなくてリビングの座椅子で寛いでた。

腎不全になる前はリビングの座椅子(の隣に敷かれたブランケットの上)がワタシの定位置だったんだもん(ฅ`ω´ฅ)
(※ワタシのお部屋については『ブログ作者近影~(=^‥^)』を見てね)

パピとマミが二人してお出掛けするのは腎不全になってから初めてだったけど、良い子でお留守番できて、パピとマミに褒められたのニャ〜

ここ2〜3週間、つまり腎不全になってからのほとんどは、ベッドとその直ぐ脇にあるトイレの往復、たまにウンチが出にくい時にリビングの床をウロウロしたけど、それもトイレから1Mと離れてないところだけ。
体力も激減してあまり動き回れニャいの。

でも、今日は窓に近いところに置かれた座椅子にお座りしてた。
寝る時はベッド、起きてる時は座椅子、きちんと切り替えできたよ。

夜9時頃、ベッドに戻ったの。
良い子はおネンネする時間だもん。

まだご飯はほとんど食べられないけど、それでも昨日今日と珍しく調子のいい日が続いて、ワタシもパピ・マミもご機嫌なの!
こんな日が続いて、少しずつでも良くなるといいニャ〜

久々の定位置(座椅子)で台風一過後のポカポカ陽気を楽しむワタシ

久々の定位置(座椅子)で台風一過後のポカポカ陽気を楽しむワタシ




▼猫の療法食が豊富なネットショップ
▼クリックで応援お願いニャ~(=^‥^)
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す